SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤き血のなんちゃら

浦和レッズ/西武ライオンズ/Real Madrid/AC Milan/地理/交通/鉄道/都市/ラジオ/オタクアニメ/声優/DGS

過去現地観戦試合を振り返る③ 2014J1第32節 vsガンバ大阪(H)

Jリーグ vsガンバ大阪|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

2014Jリーグ DIVISION1 第32節
2014年11月22日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ 0-2(前半0-0) ガンバ大阪
得点者:88分 佐藤晃大G大阪)、90+3分 倉田 秋(G大阪
入場者数:56,758人

「鳥栖戦に向け、もう一度気持ちを切り替えていく」ミシャ監督|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

ホームでの決戦は悔しい敗戦に終わる|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

今でも忘れられない一戦の1つ。

高3で受験を控え予備校通いだった時だが、予備校をサボり1年間我慢していたサッカー観戦へ。

横断幕事件以来禁止されていたコレオグラフィーの解禁

コレオグラフィーについて|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

に伴うカラーセロファン

f:id:mogirin:20170306202059j:plain

アップ前の挨拶をする西川周作。この日はLフラッグデー?とにかくすごい数の旗がスタジアム全体から振られていた。

f:id:mogirin:20170306202126j:plain

フィールドプレーヤーのアップの風景。

f:id:mogirin:20170306202035j:plain

審判団と旗、旗、旗…

f:id:mogirin:20170306202132j:plain

選手入場直前。

f:id:mogirin:20170306202046j:plainゴール裏以外の席種の人も立ち上がっての威風堂々。この後のWe are REDS!!への流れまで含めて、ここまでの雰囲気はここ数年の中では屈指のものだったと思う。

f:id:mogirin:20170306202110j:plain

前半0-0、折り返しのキックオフ。結末は残酷なものだったが。

f:id:mogirin:20170306202144j:plain

今でもミシャ批判の時に言われる「手負いの興梠の強行出場」もこの試合のこと。

後半43分に先制され、最後の交代で出てきたのは30節の古巣鹿島戦で西大伍との接触で右腓骨を骨折した興梠慎三

いわゆる強行出場だが、チームは逆に追加時間にカウンターから2失点目。

興梠も岩下敬輔との競り合いの中で完治してない患部を再び痛めてしまい、この後のサガン鳥栖名古屋グランパスとのラスト2試合を欠場。

レッズはこの試合が始まる前の時点で2位ガンバとの勝ち点差は5。この直接対決は勝てば優勝が決まるというだけで、負けても首位はレッズのままであった。

 

しかし、06年以来の優勝を願うサポーターが大勢押し寄せ、雰囲気的には今日勝たないと絶対にマズい感じだったのは肌で感じた。実際試合終了後に激励のチャントとかやってたけど、呆然とした顔で席から動けないくらいの人とかいたしね。

ミシャもスタジアム中からのプレッシャーを感じたんでしょう、なんとしても優勝を大観衆と共に!と焦った結果がこれだったのかと思う。

先制されて、90分零封されてきた攻撃陣以外に一番頼れるのは、ベンチに居るチーム最多スコアラーの興梠に間違いないわけだし。

あそこで興梠が出てなければ「勝負を捨てた」って言われるに違いなかった。「負けても次があるから落ち着け」という言葉が出ない雰囲気だったし。

 

あの日のミシャの采配には早い時間に前掛かりにする交代策とか、未だに納得がいっていない点もあるけど、興梠の強行出場に関しては「スタジアムの雰囲気」から仕方のないことだと思う。というか、こういうスタジアムの雰囲気に負けてブレちゃうあたりがミシャのミシャたる所以なのかと思う。

 

まあそもそも完治してない選手をベンチ入りさせるのが…鳥栖戦と名古屋戦に備えてくれてたら…とたらればが尽きない2度目の眼前でのV逸でした。