SHIINBLOG

赤き血のなんちゃら

浦和レッズ/西武ライオンズ/Real Madrid/AC Milan/地理/交通/鉄道/都市/ラジオ/オタクアニメ/声優/DGS

母の遺品(日記)

3連休と前後を付けて、母方の実家へ帰った。

母は私が小学校に入学した直後に亡くなっているが、母方との関係は大変良好である。

母方とは言うが、祖父は母が中学か高校の頃に亡くなっているため、私の父も会ったことはないそうだが。

 

祖母が家に着くなり「あなたのお母さんの部屋を整理してたら、昔のノートや作文が出てきたから読んでみなさい。今日は台風が来るかもわからないから、外へは出られないだろうし…」と言う。

 

正直、この時点では何も考えていなかったが、結果的にもっと考えるべきだったと今後悔して、この記事を書くに至った。

 

渡された遺品は母が大学入学後から卒業、入社して研修を終えるまでの期間の日記だった。

 

結論から言うと、他人(あるいは親のものたたから余計になのか)の日記を見て損することは多々あっても得することはほとんど無い、ということ。

加えて言うと、「私の母となる前の一人の女子大生の日記を読んだ」ということを考えると、異性の日記は読むべきではない…

 

もちろん、ノートを開いてすぐに分かることだが、読むのを止められなかった。

 

母と父は大学時代に同じサークルで出会い、付き合い始めたため、大半がそのことに関する記述であったと思う。

 

先に書いたが、母は私が小1の春には他界しているので、正直覚えていることといったらほとんどが闘病生活のことである。辛い辛い記憶なので忘れてしまいたいが、これを忘れてしまうと、母に関する記憶は何も残らないかもしれない。

つまり、私は母のパーソナルな情報をほとんど知らなかった。

 

もちろん、父や祖母から母はこういう人でこういうことをしていた、とかは聞いている。

微かに残る記憶の中で、母がどういう雰囲気の人であったかというのも何となく覚えている。

 

ただ、肉親ということを考えればあまりに知らなさ過ぎると思う。母が何を考え、どう行動してきたか、などを見て学ぶような年齢じゃなかった…

 

それだけにこの日記は、母がそれぞれの出来事についてどう考え、どう行動し、どういう結果になったか、きっちりと書かれていた(母はすごくマメな人であったようだ)。

読んでいて、母がどういう大学生だったのかが伝わってきて、この時の話をもっと聞かせて!とどれだけ願おうが、もう会えないことが悲しくて、無念でならない。涙が抑えられなかった。

 

日記らしく、日時と天気、講義や教習所への出席やバイト、飲み会といったその日の行動が時間と共に書いてあった。

そして、誰と遊んだかや誰と電話したかまでもキッチリ書かれていた。

約30年前の日記だが、私は両親と同じ大学へ進学し、所属するサークルも両親と同じなので、情景は掴みやすかった。ただ、当時は主に電話がコミュニケーションの主役としてほぼ毎日登場していた。

当然だが、私の知らない話ばかりであった。

 

そしてやはり、特に付き合い始めた後に私の父となる男性との関係についての記載が多くあった。

告白の経緯などはほとんど書かれておらず、気がついたら父の登場回数と呼び名が変わっており、半同棲が始まっていた。

ただ分かったのは、告白したのは父の方だが、母は一度断ってるということ。付き合って男女の関係が当たり前になるのが怖いとか、そんな理由。

それでもどういう経緯か付き合って以降は、当然ほとんどはほのぼのとしたカップルの話でデートはどこへ行った、何を食べたとか書いてあるだけなのだが…

たまにくる、倦怠期のような時期の日記と、父が母に迫るのを母が断り続ける日記は読んでいて凄く複雑な気持ちになった。

 

母はヤキモチ焼き(確かにそんな感じだったような…)でかつ、泣き虫だった(これは確かで、私にも遺伝されている)。また、非常に堅い貞操観念を持っていたそう。

後者に関する記載を読んだところで、自分としてもとんでもないモノを読んでいる事に気がついたが、止められなかった…本当にごめんなさい。

 

倦怠期に関して、特に印象的なエピソードを。

父が母とは別の女性(先輩)と写った写真を母に見られた時のこと。

父は恐らく、付き合ったかは分からないが母と付き合う前に同サークルの先輩と良い感じになっていたようだ。

母もその事自体は知っていたようだが、父の不在中に悪いと思いながら父のアルバムを開き、見たことのない2人の写真を見つけ、父が戻るまで目を真っ赤にして泣いていたようだ。

日記には、母は「どういう時にこの写真を見るのだろう」「まだ先輩のことを忘れていなかったのか」と書かれており、最終的には我慢できず言ってしまったそうだが…

父曰く「見つけても知らないフリをしていて欲しかった」「見つかったら別れるつもりだった」とあるが、そこから話し込んで仲直りしたらしい。

 

数えていないけど、このような倦怠期が全7冊ある日記の中で、1冊に1〜2度はあったから10回くらいは来ているはず。

ただし喧嘩の経緯は違えど、最後に至る構成は同じ。

母は「自分が魅力的にならないと父から離されてしまう」「そのためにも努力をしないとならない」「ただ、父は他の女性と付き合った方がもっと幸せだったのでは」と思っていたよう。まあよく聞く話だと思うけど…

 

この日記の特徴は、喧嘩やすれ違いの内容はヤケに詳しく書いてあるのに、仲直りの経緯は殆ど記載がないこと。強いて言うなら、『○時〜△時まで話した』という記載で長期戦だったのか…と察することができる程度。

確かに日記に限らず、嫌な事は経緯も含めてしっかり思い出せるが、好転した時のキッカケや出来事なんて、ロクに覚えていない事が多い。この日記から、改めてそう感じた。

 

倦怠期の中でも特に息子である自分の立場からしてショックであったのが、日記のラストの部分。

母が就職して2ヶ月、研修が終わった頃の事。

母は父に結婚願望について聞いたところ、父は「俺が結婚なんかできるわけない」という旨の事を言ったそう。

母としては、今すぐ結婚ということで聞いたつもりでは無かったが、「高校生とは違い、20代の社会人が好きな人と結婚を意識するのは普通だと思うのに…」「正直ショックだし、だとしたら今付き合ってるのは何なのか」とか散々凹んだそう。そりゃそうだ。

母も父も地方の出身だが、母からすると、東京で就職する父に合わせて地元へ戻らず東京での就職を選んだ、とのこと。

母はその日記の最後に、「不純な動機で東京で就職した私を、黙って送り出してくれたお母さん(=私の祖母)に申し訳ない」「1年経ってもダメなら父の前から逃げて田舎へ帰る」と書いている。

 

モヤモヤするのは、日記自体がこれで途切れている為、その後どういう経緯で父が結婚を意識したのかという点。そもそも、父の照れ隠しで父は始めから結婚する気はあったが、母と食い違っていたのかもしれないが…

この日記の終わり方と日記から伝わる母の貞操観念の堅さを考えると、この後どのようにして私が産まれてきたのか、全く検討もつかない。

それだけに、自分が今ここにいて、祖母と仲良くしていられる事自体、何十年もの前の話から偶然に偶然が重なった結果なのだと思うと、凄く母にありがたく思った。

 

読めば読むほど、母の事を少しでも知れた気がして嬉しかった気もする反面、私が知ったのは「私の母」としての母ではなく「恋する女子大生」としての母であり、母が今も変わらず元気でいたら、本来知る事のなかった、知るべき事ではなかった事まで見てしまった気がして後悔も大きい。

 

母が亡くなってから、父に母の昔話を尋ねるのはお互いに辛い(口には出さないけど、顔で分かる)ので避けていたが、色々と聞きたい事ができた。ただ、聞くには少し内容が直球過ぎるか… 

 

父は、母が日記をマメにつけていたことを知っていたのだろうか。

父は、喧嘩の度に母がこう思っていた、ということを知っていたのだろうか。

 

いずれにせよ、母の日記を見たことは、父には言えない…

 

倦怠期の部分だけ長々と書いたが、殆どは父がいつ家に来て、夕飯は何を作ってあげた、とか、今日はどこへ遊びに行った、とか本当にそれだけの、幸せな日記だった。

母が生きていれば、この時の父との思い出を存分に教えて欲しかったし、もっともっと母の料理も食べてみたかった。

もう母の視点から思い出を語ってもらうことはできないし、母の作った料理の味を思い出すことはできない。 

偶然ではあるが、十数年後に母の命日となる日に、倦怠期を迎え父との未来を感じられないと書いていたところでは、本当に涙が止まらなかった。その人に死に際を看取ってもらったんですよ…?

 

本当に悲しい、悲しい…

 

無念でならない。

 

事故死ではなく病死なので、誰を恨むこともできない…なぜ私の母が亡くならないといけなかったのか……

 

私は、親しい人にあまり愚痴や悩み事を言えないタイプであることと、普段は周りにとても恵まれているから、母の事で悩んだり考えたりすることを言えないが、今日はいい機会なので、母に倣って字に起こしてみた。

 

強がってるつもりは毛頭ないが、母の事を誰かに触れられるとすぐに泣いてしまうので…

 

たった8年程度しか一緒に暮らせなかった私ですら、本当に心の底から辛いし悲しいし叶うことならもう一度母に会いたいと思うのだから、15年から20年一緒にいた父の事を思うと胸が張り裂けそうになる……

 

最後に、母の日記を本人の許可なしに勝手に読んだこと、その内容(デリケートな部分も含めて)を使ってこの記事を作成したこと、その内容をどこの誰が見るかも分からない電子の世界へ貼り付けることを、申し訳なく思います。

本当にごめんなさい。

とあるヴィオラ奏者の方の講演を聞いて

先日、ゼミでは毎年恒例となっている講演会が開かれた。

例年は銀行員や役所関係の人が来るのだけど、今年は先生の高校時代の同級生の方で、ヴィオラ奏者の方だった。

 

先生とは高校時代に吹奏楽部で学友だったらしく、現在はドイツに永住権を持っているとのこと。フリーランスヴィオラ奏者として活動して、今はマンハイム国民劇場に在籍してるとか。「高校…というかその地域の場所柄、比較的リベラルな思想をお持ちで、私が右寄りな事を話すとよく説教を受けました」と語るのは先生。

 

この日のテーマは『ドイツの文化政策について』。

大学で講演自体初とのことだったけど、音楽・芸術に無知な自分にもわかりやすい、噛み砕いた説明でドイツにおける劇場とは何たるや、ということを説いていた。

 

ドイツにはおよそ130もの交響楽団があるらしく、運営母体も様々で自治体や銀行、放送局などがあるとのこと。日本オーケストラ連盟に加盟している交響楽団は33(準加盟含む)あるが、面積や人口からしてドイツでは気軽にオーケストラを楽しむことができる環境が整っている。

 

今自分が住んでる高崎市は、群馬音楽センターを本拠とする群馬交響楽団(群響)の影響で、オーケストラにはかなり親しみを持てる街だと思う。バイト先も群響の日はいつもよりかなり混むし。

とはいえ、日本はオーケストラやオペラについてはさして身近ではない。この点は、ドイツは優れた作曲家を多数輩出したりしたことによって醸成されたものだから、この分野に関しては日本で同じことが起こるとは思えない。日本でいうところの歌舞伎や能に近いものなのか?日本のいたるところに歌舞伎座能楽堂があるわけではないが…

 

ドイツのオーケストラは、各自治体の“国民劇場”を本拠にしているらしいが、どの劇場も外観も内装も美しいものだった。戦争の際に屋根や内装は被害を受けたらしいが、外観は石造りのおかげで大きな影響はなかったらしい(崩れた石を拾い集めて組み直した聖堂?教会?もあるらしい)。

 

日本でも○○センターのような公共施設はたくさん建設されるけど、用途を決めないままに見切り発車的に建設してしまうことで有効活用されず公金の無駄遣いとなっているケースも多い。見切り発車はやめて、使い道を精査した上で建設をするならば、ハコモノと呼ばれることもなくなる。そう言った話だった。

国立競技場の建て替えで言うと、金がかかる上にオリンピック後にどうするかが未だに決まっていない…どうなの?ということか。

ロンドン五輪終了後には、メインスタジアムだったロンドンスタジアムへハマーズが本拠地移転して来たが、同じ事を単純距離で100km離れた他県のチームに求めようとするなんて話が出てくる訳だし、この話は向こう何年も進歩がなさそう…

ACLで上海へ行かれる人用ガイド

浦和レッズさん、2008年以来となるACLベスト4進出おめでとうございます。

このエントリでは、ACL準決勝1stレグの上海上港対浦和レッズを現地(中国・上海)で観戦される方向け(特にLCC利用者)に、今期のグループステージの時に現地観戦した時の事を踏まえて書いてみようかと思います。

mogimogiri-urawa.hatenablog.com

↑合わせて読んでいただければもう少し詳しく分かる…かも。

長くなるので、目次以下は続きを読むを押してください…!

続きを読む

ありがとうミシャ

明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌 試合結果|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

明治安田生命J1リーグ 第19節
2017年7月29日(土) 14:03キックオフ・札幌ドーム
北海道コンサドーレ札幌 2-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 32分 都倉 賢(札幌)、88分 ジェイ(札幌)
入場者数 33,353人

ミシャ監督 札幌戦試合後会見|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

第19節 vs札幌「9人でも意地を見せ、戦い抜くも、リーグ2連敗」|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

 

・・・

 

ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約解除について|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

2012シーズンより指揮を執っておりました、ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約を本日付けで解除いたしましたので、お知らせいたします。また、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました。

堀 孝史トップチームコーチの監督就任について|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

監督交替について、淵田代表、山道強化本部長|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

続きを読む

拝啓 ミハイロ・ペトロビッチ様

ミシャに関しては就任2年目のV逸で見限っているから、さほど思うところはないかなあ。

ただ、ハマった時の流れるような攻撃は好きだったよ。というかあれを嫌いな人なんかいないと思う、問題はそれが肝心な試合で全くもって発揮されないことにあるだけ。

ミシャ政権下でのベストシーズンはCS第1戦までの2016シーズンでしょうね。

最後の最後、1試合だけいつもの臆病なクソメンタルを御見舞されたが、通年で見ればリーグ史上最多タイ勝ち点も頷ける安定感だった。

 

目先の金につられて2ステージ制を導入した中西大介とかいうカスがセクハラで捕まったって記事を見て、被害者女性には申し訳ないがざまあとか思ってしまったよ。

仕事もロクな事しないし仕事外でもロクな事しない。二度とJリーグと女性に関わらないでくれ。

 

では以下よりミシャ監督のヌル~~~い金言(例:「自分たちのサッカー」本位で、相手が引いて守る対策を講じると「相手がサッカーしてくれない」と文句垂れ始める)と、

バカ監督とドラ息子共以外はみ~~~んな気がついている、何故ミシャがタイトルに恵まれないのか、というコラムなどの記事をご覧あれ。

  • 前章:2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年

 

続きを読む

拝啓 柏木陽介様

柏木陽介選手、加入のお知らせ|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

柏木陽介、レッズ加入記者会見で決意を語る|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

柏木陽介が語る―浦和に来た思い―|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

 

2010年に移籍してきてくれた時には大層期待したさ。

「イケメンの天才レフティが来る」って中学の友達とはしゃいで、一緒に柏木がレッズの旗を身に巻いて映る表紙のサッカーマガジンを買いに行ったことが懐かしい。

2010シーズンのホーム開幕戦、ストラップからマフラー、人形まで柏木のグッズ同シーズン末で退団が濃厚?決定な英雄ポンテの並び大抵売り切れで、期待の高さが伺えた。

 

この移籍から今に至るV逸の歴史が始まったわけじゃないし、この時点での監督は生え抜き若手厨のフォルカー・フィンケ氏で、まさかものの数年で真逆のチーム構成になるとは知る由もないのである…

 

これは、そんな天才プレーヤーと、彼を愛して止まない監督とのヌルい純愛物語である…(以下スポーツ新聞まとめブログ個人ブログ含めヌルヌル記事の目次)

 

ミシャ「日本のヴェンゲルを目指したい」

柏木「イイね!」

 

こいつら優勝する気無いだろw

「自分たちのサッカー」にこだわり続け、補強もよほどのスクランブルでない限り一貫して25歳以下の若手に絞り、万年4位以内に収まり大陸カップ戦出場圏内を指定席にする…

アーセナルと違って自前スタジアムじゃないから、スタジアムの赤字はクラブが補填する必要ないと思うんだがなあ…

金より名誉より実績よりサポーターの声より「自分たちのサッカー」なんですね(苦笑)

 

というのがよく分かるのが、柏木選手の「さいたまダービー」試合後のコメントですかね。

一貫して1/34、単なる格下との1戦というスタンスを変えません。

彼は浦和と大宮という対立軸を、移籍して7シーズン目の2017年現在も理解しているとは思えません。

他所の人には理解できないのでしょうか。いい加減郷に入りては従えや。

移籍前

サカ速 【ウンコ物語】 柏木陽介、ブログで携帯番号とメアド公開

netafull.net

2010年

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

2011年

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

2012年

NHKBS1「プレミアリーグ」|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

web.gekisaka.jp

web.gekisaka.jp

www.sponichi.co.jp

web.gekisaka.jp

2013年

uragi.com


2015年

【浦和】土壇場での失点は止まらず… 柏木が、那須が、西川が明かした現状打開への胸の内 | サッカーダイジェストWeb

footi.jp

news.livedoor.com

【浦和】「ボランチ柏木陽介」の功と罪。「集中が切れていた」と遠藤保仁から厳しく指摘される | サッカーダイジェストWeb

2016年

www.soccer-king.jp

浦和・柏木が押尾学との親密交際完全否定 押尾がSNSに肩組み写真公開

【浦和】「3つのポイントで甘い」柏木陽介が指摘する致命的な守備の問題点とは? | サッカーダイジェストWeb

worldfn.net

worldfn.net

worldfn.net

守備職人・今野が指摘した浦和の欠点。「いつも、こんな感じ。バランスはいいが…」 | サッカーダイジェストWeb

【浦和】惨敗でステージ優勝消滅。怒るサポーターから水を浴びせられる | サッカーダイジェストWeb

愛するチームへのブーイングは是か非か? 白熱のさいたまダービー後、浦和の柏木が疑問を呈す | サッカーダイジェストWeb

www.soccer-king.jp

【浦和】強さの秘密は「年々俺が良くなっているから」。柏木がそう言い切る根拠とは? | サッカーダイジェストWeb

【ルヴァン杯決勝】柏木が「育ててもらった」恩師ペトロヴィッチに感謝の言葉 | サッカーダイジェストWeb

【浦和】柏木陽介の涙――稀代の司令塔が導く常勝軍団への道 | サッカーダイジェストWeb

【浦和】5年ぶりベンチの柏木は何を感じたか? 「今、大事なのは…」 | サッカーダイジェストWeb

lineblog.me

2017年

www.hochi.co.jp

 【浦和】満を持して先発した柏木が語る逆転負けの理由 | サッカーダイジェストWeb

【浦和】痛恨2失点…昨季と何が違う?柏木陽介が語った「強いチームになれない」理由 | サッカーダイジェストWeb

www.nikkansports.com

【浦和】柏木が「俺が90分できていれば…」と故障交代を悔やむ。サポーターへの想いも吐露 | サッカーダイジェストWeb

【浦和】今季最大のブーイング。選手・スタッフはどう受け止める? | サッカーダイジェストWeb

web.gekisaka.jp

www.footballchannel.jp

 

2017J1第13節 vs川崎フロンターレ(A)

 

明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ 試合結果|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

明治安田生命J1リーグ 第13節
2017年7月5日(水) 19:03キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 4-1(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 16分 小林 悠(川崎)、26分 阿部浩之(川崎)、73分 槙野智章、82分 小林 悠(川崎)、84分 長谷川 竜也(川崎)
入場者数 22,561人

ミシャ監督 川崎戦試合後会見|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

第13節 vs川崎「槙野が1点を返すも、黒星でリーグ前半戦を終える」|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

続きを読む